ASP
株式会社 花次郎 トップページへ <a href=目指せ花人!青年社長の花次郎日記 hanamaster.exblog.jp " height="110" width="550" border="0" /> サイトマップ
フィロソフィー 会社概要 事業内容 リクルート 代表者ブログ
花屋論5 キーパーが店頭にのある花屋とない花屋の違い
f0006429_1512289.gif

みなさんキーパーってご存じですか?
花屋さんにある、冷蔵庫タイプのショーケースです。サッカーのゴール前にいる人ではありません。
梅田店を出す前は、僕もキーパーを花屋三種の神器と崇拝しながら使っていました。

キーパーを取り入れるメリットを説明します。
①ショーケースになっているので、花が綺麗に見える。不思議な物で、ガラスのショーケースにはいると、綺麗に見えるんですね。綺麗に見える条件は、ガラスが綺麗に拭かれている。照明が明るいが必要です。
②花にとって、良い湿度に保たれている。
③花が長持ちする。
④水替えの回数が減る。花の水は、気温が高いほど汚れます。
しかも、キーパーの営業に来られる業者の方は、もっともらしいデータを並べてきます。
あの営業を受けたら、キーパーの必要性に洗脳されます。
あたかもお客様の為に、キーパーを使いましょう的な感じになっています。

キーパーを取り入れるデメリットは、
①お客様が自分の手で、お花を選びにくい。
②ケース内とケース外の温度差で、花が痛む時がある。
③お客様に鮮度を、騙す可能性がある。(店員も騙される)

花を、自宅用によく使う方で、キーパーがある花屋さんを利用していれば、経験があると思います。持って帰って、活けたら、直ぐに枯れた経験や、バラなど開かないまま枯れていった経験が。
そうなのです。一番のデメリットは、売上げと信用がなくなっていく事です。



どういう事かと言いますと、キーパーを使用している花屋は、仕入れたお花を、水揚げ処理をして、直ぐにキーパーに入れます。キーパーの中は、花にとって、開花を遅らせるには、もってこいの場所ですから、機嫌良くつぼみのままで居てくれます。開花して、枯れていくことが花の寿命だと思っているので、開花しない状態が保てれば、寿命が延びていると勘違いするのです。
キーパーから出た、お花はお客様の手にわたるので、その事実を知らないまま、運営しています。全てのキーパーがある花屋が、そうとは言えませんが、その可能性があるのは事実です。

花次郎では、花持ちコンテストというイベントを月1回行っており、花の寿命の長さを、紹介しています。実際このブログでも紹介しましたが、花は自然な状態でも長持ちします。

今回、一番言いたいことは、「花の寿命は、キーパーに入れようが、入れまいが同じ」です。
つまり、キーパーを使用しないお花の寿命が14日間とします。キーパーで10日間保管された花は、キーパーからでて4日で枯れるということです。(絶対ではない)
なので、キーパーを使用せず、新鮮なお花を購入してもらうのが一番で、、どうすれば、仕入れ日ごとに売り切れるようにするかが、花屋としての最優先事項なのです。

花次郎では、一時保管としてバックヤードにストッカーを使用してますが、依存しないようにしています。ストッカーとは、ゴールに向かって、シュートを決める人(ストライカー)ではなく、ショーケースになっていない倉庫代わりの冷蔵庫。

次回は、花屋がしたくないサービス「自分で自由に花を選べる。(取れる)」です。
更新は、3月15日頃です。よろしくお願いします。

ご意見ご感想お待ちしております。
[PR]
by hanajiro_head | 2006-03-10 01:53 | 花屋論
<< 楽しかったー。 もうすぐ3度目の春だぁー >>


目指せ花人!青年社長の花次郎日記
by hanajiro_head
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
オフィシャルトップ | フィロソフィー | 会社概要 | 事業内容 | リクルート | 代表者ブログ | サイトマップ
FlowerShop 花次郎 | ブライダル | HANAMUSUBI | GEKKA | YEBISU 胡蝶蘭