ASP
株式会社 花次郎 トップページへ <a href=目指せ花人!青年社長の花次郎日記 hanamaster.exblog.jp " height="110" width="550" border="0" /> サイトマップ
フィロソフィー 会社概要 事業内容 リクルート 代表者ブログ
7話 水揚げについて
商品を仕入れたら、水揚げを行います。
輸送されてきた、花に対して適切な水揚げを行う事で、鮮度保持や開花の手助けになります。

花屋として水揚げは一番重要な仕事です。

水揚げを軽視している花屋は、長期的に栄える事はありえません。

個人の店では、水揚げに対してこだわりをもって行えますが、
人数が増えてくるとおろそかになってきます。
大手の花屋やチェーン店になるとその傾向は強くなります。

僕は花屋を評価する際に、展示している花を1本抜き、茎の先を見ます。
そして、桶の水を見ます。

この情報で、花に対する扱いが手に取るように分かります。
そして、それを見ればこの店はあと何年続くか分かります。

花屋によって水揚げ方法は、違います。しかし、手を抜いている水揚げは一目瞭然です。

花は見た目がすべてです。
味ではありません。

花はいづれ枯れてしまいます。
咲いている時間をすこしでも長く綺麗に保つには、適切な手入れが必要です。
根っこから大量の水を吸って育った花が、人間の都合により茎で切られ、極端に水を吸う方法を失った花。
茎の先から効率よく、水を吸い上げられるように手を尽くすのです。

長時間輸送され、ストレスを持った花に対して、一番最初に手入れすのは、花屋です。
だからとても重要なのです。

花屋を論ずるとき、店の雰囲気やセンス、スタッフの対応力、価格などに偏りがちですが、
なにより大切なことは、水揚げです。

花は見た目がすべてです。
一日でも長く、お客様の前で綺麗な状態でいることが、最高のサービスです。

花屋にとって、お客様から頂ける言葉でうれしいのは
「ここの花は、ようもつわ~」です。


[PR]
by hanajiro_head | 2012-08-08 18:00 | 花屋論
<< 8話 価格設定 第2章 花屋の運営 6話 仕入... >>


目指せ花人!青年社長の花次郎日記
by hanajiro_head
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オフィシャルトップ | フィロソフィー | 会社概要 | 事業内容 | リクルート | 代表者ブログ | サイトマップ
FlowerShop 花次郎 | ブライダル | HANAMUSUBI | GEKKA | YEBISU 胡蝶蘭