ASP
株式会社 花次郎 トップページへ <a href=目指せ花人!青年社長の花次郎日記 hanamaster.exblog.jp " height="110" width="550" border="0" /> サイトマップ
フィロソフィー 会社概要 事業内容 リクルート 代表者ブログ
11話 商品力について
花屋の商品について
まず商品として「素材」と「加工品」があります。「素材」とはバラやガーベラの事をさし、八百屋にたとえると、玉ねぎやピーマンなどの素材のことです。花鉢関係も素材になります。
「加工品」とはアレンジメントや花束をさします。レストランにたとえると、その素材を料理した野菜炒めや肉じゃがなどになります。

花屋は素材と加工品を同時に売る商売です。
酒屋さんが立ち飲み屋をやっていたり、肉屋さんがコロッケを売っている感じです。

「素材」と「加工品」の商品力の違い
素材の商品力は、「鮮度」「品質(等級)」「価格」で構成されます。
まず鮮度ですが、時間とともに商品力が落ちていきます。店頭では次回の仕入があるまでの2日間で売り切るのが理想です。
ロットが多い商品については、鮮度保持のため冷蔵庫にいれて管理する場合もあります。しかし、冷蔵庫で管理すると、冷蔵庫から出したときに痛みやすいので注意が必要です。
花のついていない商品「葉物」や「実物」は、すぐに痛まないので花物より時間軸を気にしなくても大丈夫です。

品質(等級)は、花の見た目のことです。花の大きさ、色の具合、茎の長さや太さで評価します。同じユリでも北は北海道から南は鹿児島まで産地があり、夏は涼しい北海道、冬は暖かい鹿児島さんになります。
産地によって品質はさまざまですので、バイヤーは経験が必要になります。

価格は同じ産地の同じ商品なら他店と比べ安いほうが商品力としては強くなります。

この3つの要素が素材の商品力になります。
強い商品は、新鮮で花の見た目が綺麗、しかも安い商品のことをさします。
強い商品ばかりを扱えるような花屋が強い素材系の花屋になって行きます。

加工品の商品力は、「デザインセンス」「素材力」「価格」で構成されています。
デザインセンスは、花の組み合わせ方、カラーコーディネート、ラッピング技術などです。
注文するときの形容詞と完成品を見たときの形容詞が同じであれば大丈夫です。
いい意味で想像を超えることができれば、リピーターになってもらえます。

素材力は、花の品質です。デザインが良くても入っている花の素材力が弱ければ商品力としても弱くなります。
しかし、花屋としては少しでも古くなったお花から売っていきたい気持ちが心理にあります。
素材の指定がない「加工品」の注文が入ると、ついつい古くなったお花を選んでしまいます。
気をつけないと、いけません。

価格については、安いだけではいけません。
特にギフトに使う加工品(花束やアレンジメント)は、安いイメージがついてしまうともらったお客様の気持ちを考えて購入をためらう可能性が出てくるからです。
ブランド力の話になりますが、ギフトブランド力が強い花屋は割高な価格を設定しています。

強い加工品の条件は、センスがよく新鮮で、満足できる価格だとおもいます。
商品力ではないですが、対応のスピードやヒアリング能力も影響します。

花屋として長期的に商売をしていくなら「素材」と「加工品」どちらをお客様に認めてもらいたいのかを決める必要があると思います。両方認めてもらうには運営上矛盾がでてくるので難しいです。
[PR]
by hanajiro_head | 2012-08-24 16:05 | 花屋論
<< 12話 立地について 第10話 ディスプレイについて >>


目指せ花人!青年社長の花次郎日記
by hanajiro_head
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オフィシャルトップ | フィロソフィー | 会社概要 | 事業内容 | リクルート | 代表者ブログ | サイトマップ
FlowerShop 花次郎 | ブライダル | HANAMUSUBI | GEKKA | YEBISU 胡蝶蘭