ASP
株式会社 花次郎 トップページへ <a href=目指せ花人!青年社長の花次郎日記 hanamaster.exblog.jp " height="110" width="550" border="0" /> サイトマップ
フィロソフィー 会社概要 事業内容 リクルート 代表者ブログ
花屋論15 自由競争を求めて・・・
f0006429_2312984.jpg

お待たせしました。母の日が終了しようやく、まじめな文章を書く余裕が出来ました。

ブライダルブーケ事情最終回「自由競争を求めて・・・」です。
ブライダル業界というのは、「囲い込み」「全員初めてのお客様」「ゼクシィ」などのキーワードが目立ちます。

冠婚葬祭に共通して言えるのは、互助会を代表として「囲い込み」ビジネスだと思います。ゼクシィが発行されるまでは、「コンパル」という会場斡旋業者が幅をきかせていました。この仕組みがいまだに生きているのが不思議なのですが、結婚式場を探しているカップルがコンパルに行くと、二人の希望の会場を紹介しリベートをもらうと言うビジネスです。当然のように囲い込みが発生します。

ゼクシィが出来て、カップルはオリジナルブライダルが出来るようになり、ブライダルに付属するアイテムについても以前はホテル、会場の提携するお店から買うのが普通でしたが、「持ち込み」という名前で自分の結婚式に好きな物を取り入れる事が出来るようになりました。

ある程度の、自由競争が「ゼクシィ」のおかけで出来るようになったと思います。
しかし、会場や式場はドレスや引出物を持ち込もうとすると、根拠がはっきりしない「持ち込み料」をかけてきます。ひどいところは、ブーケにも持ち込み料をお客様に請求します。
ブーケは、友達や母親が花嫁さんにプレゼントするケースも多いのですが、そういった事に対しても「持ち込み料」をかけてきます。

当然、会場や式場側としては、経営計画をする上で1カップルあたりの平均単価、平均利益を基に運営をしなければならないと思います。その会場側の都合により「持ち込み料」が発生してしまいます。要は会場側が囲い込んでいる業者からの販売リベートを、持ち込み料としてお客様に負担させていると思います。※あくまでも僕の主観であり、事実とは異なる場合があります。ご了承ください。

ブーケを販売するにあたり、会場側が持ち込み禁止することは、独占禁止法に触れるのでは?と思い公正取引委員会にも行きました。
しかし、委員会の見解は、会場を選ぶ自由がある限り、持ち込み禁止は独占禁止法には違反していないと言うことです。
会場を決めたカップルは、その会場で挙式をあげたい限り、その会場の「囲い込み」の仕組みを認めないといけないのです。

花次郎としては、適正価格のブーケを一人でも多くの方に使用してもらいたいと思っています。
しかし、会場経営の必要利益の為に持ち込みを、禁止していく会場との対立が今後の課題です。

自由競争を花次郎は求めていきます。消費者であるお客様が選んだ商品を提供できるように知恵を絞っていきたいです。
ただ、カップルに分かって頂きたいことは、会場の禁止事項は会場の都合なので、思い切って交渉して欲しいです。なんぼ会場側が禁止していてもキャンセルされる事が一番痛手なのです。

このブログが会場に観られないことを祈りながら、この章を終わりたいと思います。

次回からの花屋論は「花屋の勝ち組実例集」を紹介したいです。
更新は6月2日を目標にします。
よろしくお願いします
[PR]
by hanajiro_head | 2006-05-19 23:12 | 花屋論
<< コマーシャルです。「アフィリエ... 北海道に出張! >>


目指せ花人!青年社長の花次郎日記
by hanajiro_head
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オフィシャルトップ | フィロソフィー | 会社概要 | 事業内容 | リクルート | 代表者ブログ | サイトマップ
FlowerShop 花次郎 | ブライダル | HANAMUSUBI | GEKKA | YEBISU 胡蝶蘭