ASP
株式会社 花次郎 トップページへ <a href=目指せ花人!青年社長の花次郎日記 hanamaster.exblog.jp " height="110" width="550" border="0" /> サイトマップ
フィロソフィー 会社概要 事業内容 リクルート 代表者ブログ
花屋論23 セリ市
ある大阪の神社の境内で植木市を行っていました。
よく見てみると「セリ市」なのです。

真ん中のセリ人が植木を台の上に載せ価格を付けていきます。
基本的には下げゼリ手法でした。

例えば、盆栽を台の上に載せ「1万円ないか~」とかけ声を掛けます。
周りを見渡し、「物はええよ~」「ないか~」と競り落とす人を待ちます。

誰も手を挙げない場合は、「8000円おらんか~」ってな感じでセリ価格が下がっていきます。
それでも落札されない場合は、6000円、5000円と下がっていきます。
もちろん、出品者にも限界があり、4000円で落札されない場合は、持って帰ります。

盆栽や植木など同じ物を作りにくい商品は、購入者が価格を決めるので、入札するタイミングの駆け引きがたまらなくスリルがあります。

もちろん、1万円スタートの時に欲しい人が2人以上いれば、上げゼリになります。
よくあるオークション方式です。1万2000円、13000円と上がっていき入札が止まると落札になります。

以前花屋論8~10でも書きましたが、花屋の仕入れも「セリ」です。
良い商品を高く仕入れることと悪い商品を安く仕入れる事は、誰にでも出来ます。
プロの仕入れは、良い商品を安く仕入れることです。

今回見た植木の競り市で感じたことは、売価の決定権は店側ではなく、お客様側だと言うことです。花次郎でも商品の価格設定には特に気をつかっています。
売れ残ると言うことはお客様にとって「割高」で、売れ行きの良い商品は「割安」なんだと理解しています。

ただ単に安売りするのではなく、お客様にとって「割安」な商品をこれからも仕入れていきたいと思います。
f0006429_12195077.jpg

[PR]
by hanajiro_head | 2006-10-04 12:19 | 花屋論
<< あ~きぃーの夜長を~ほにゃららら~ 上本町ハイハイタウン店10月3... >>


目指せ花人!青年社長の花次郎日記
by hanajiro_head
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オフィシャルトップ | フィロソフィー | 会社概要 | 事業内容 | リクルート | 代表者ブログ | サイトマップ
FlowerShop 花次郎 | ブライダル | HANAMUSUBI | GEKKA | YEBISU 胡蝶蘭