ASP
株式会社 花次郎 トップページへ <a href=目指せ花人!青年社長の花次郎日記 hanamaster.exblog.jp " height="110" width="550" border="0" /> サイトマップ
フィロソフィー 会社概要 事業内容 リクルート 代表者ブログ
花屋論 スタンド花について

f0006429_20144083.jpg
花屋で取り扱う商品の中で花屋にとって嬉しい商品があります。
それは開店祝いなどに使うスタンド花です。(通称パイプ)

何故嬉しいかというと、批判を恐れずに言うと在庫の花を心おきなく使えるからです。
花は咲いていくと価値が下がっていきます。
つぼみの花ほど高く売れます。通常なら咲ききっている百合の花はなかなか売れません。
しかし、スタンド花はつぼみより、むしろ咲ききっている花を使いより豪華に見せる必要があるからです。
だんだん下がってきた花の価値を復活させることができる救世主のような商品です。

スタンド花の特徴をさらに説明すると、配達&スタンドの回収がある商品です。
ということは、納品先が近所じゃないと納品回収に経費がかかり過ぎてしまいます。
例えば1本のスタンド花の納品&回収に2時間掛かってしまうと、その人件費だけで2000円かかってしまいます。花の在庫を使えるので嬉しいのですが、正直遠方なら2本頂けると嬉しいです。「スタンド花=1万円」っていうのが業界で浸透しているせいか別途送料をなかなか頂けません。

そんなスタンド花ですが、まとまって5本以上の注文があると大変な商品に変化します。
それは、そのスタンド花の為に花を仕入れて咲かせないといけないからです。
これは、以前から仕入れについて書いているので参考にしてほしいのですが、目的買いをすると花は高価になってしまうのです。
つまりスタンド花の為に仕入れを起こすと、在庫の花を使うときより原価が上がってしまいます。

でも、5本以上注文してくれることで利益を確保出来るので贅沢な悩みなのですが・・・。
[PR]
by hanajiro_head | 2007-01-31 20:14 | 花屋論
<< まるこはコタツでまるくなる~ お酒販売をするにあたり・・・ >>


目指せ花人!青年社長の花次郎日記
by hanajiro_head
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オフィシャルトップ | フィロソフィー | 会社概要 | 事業内容 | リクルート | 代表者ブログ | サイトマップ
FlowerShop 花次郎 | ブライダル | HANAMUSUBI | GEKKA | YEBISU 胡蝶蘭