ASP
株式会社 花次郎 トップページへ <a href=目指せ花人!青年社長の花次郎日記 hanamaster.exblog.jp " height="110" width="550" border="0" /> サイトマップ
フィロソフィー 会社概要 事業内容 リクルート 代表者ブログ
<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
全国展開をする意味。
f0006429_0265739.jpg

久しぶりの花屋論です。
今日は、花屋さんで全国展開する難しさについて書きたいと思います。

家業と事業の違いですが、僕なりの解釈で申し訳ないですが、家業は自分の為にしている仕事で、事業は世の中の為にしている仕事だと思います。

僕自身は花屋さんを事業と思い経営しています。花をより身近な商品にしようと思う一心で仕事に取り組んでいます。
そこで花屋を全国展開する難しさについてです。
①店長の力量が店舗の売上げにとてつもなく影響する。
②花が好きな人は、あまりお金が好きではない。
③業界の人件費が安い。

この3点が全国展開の難しさにつながっていると思います。

①の理由ですが、花は生ものなので日々のロスをいかに少なくするかが、店長の力量になります。花を仕入れた本人に、花を売る責任を持たせる。この原理は花屋を運営するにあたり最重要事項です。このどちらかが欠けるだけで花は売れなくなります。
と言うのも、仕入れと販売を切り離してしますと、売上げが落ちてきたときに、その理由をなすりつけ合うのです。
と言うことは、仕入れが出来る店長を育てなければなりません。これが一筋縄ではいかなく、花屋の仕入れは、朝の6時に市場につきセリを終え花を捌いて、店頭に並べる。そしてスタッフの手配などのマネージメントを行う。かなりの能力を求められます。
花屋の売上げの90%は、店長の能力が左右していると言っても過言ではないと私は思います。

②花屋好きな人は、あまりお金が好きではないですが、人間誰しもお金は好きだと思います。
しかし、花が好きな人は心が優しい人が多く、一般的な方法でモチベーションをあげるためにインセンティブとしてノルマを設定し、報酬を与えたとしても、それが理由でエンジンを回す人が少ない業種だと思います。反対にお金をモチベーションにする人で花が好きな人が少ないのも事実だと思います。
と言うことは、報酬目的で仕事に打ち込み、本当に花のことを好きな人材は一掴みだと言うことだと思います。店長の能力が売上げに影響するので、その一掴みの人材を確保し続ける難しさが、全国展開のボトルネックになっていると思います。

③「業界の時給が安い」についてですが、花屋さんは女性からの人気業種です。
そしてその人気に甘えている花業界の時給は、求めている能力のわりにに安いのが現実です。その安い時給が業界の常識になっているので、余計にお金と花が好きな人が集まりにくい業界になってしまっています。
これも少なからず、全国展開の難しさにつながっていると思います。

花次郎としては、小売り店舗を増やしていくことも、花を身近にする為には必要だと思っていますが、上記の理由が関西圏外の出店を足止めしています。
現在花屋で全国展開している会社は「青山フラワーマーケットさん」と「日比谷花壇さん」ぐらいだと思います。
先人たちの運営方法を見習いながら、花次郎も少しずつ成長できればと思います。

なぜ、全国展開するのか?
それは、花次郎の創造する花文化を一人でも多くの方に共感してもらう為だと思っています。
[PR]
by hanajiro_head | 2006-07-28 00:26 | 花屋論
どうも~
f0006429_23291755.jpg

ワールドカップも一段落つきましたな~。
まるこは、サッカーが好きなんだ。

サッカーボールが好きなんだ。

美味しそうにい見えるんだな~。

paku.

mogu,mogu,mogu

味ないな~。
[PR]
by hanajiro_head | 2006-07-26 23:31 | まるこの日記
久しぶりです。
花次郎のサーバーが落ちました。

落ちたと言っても、棚から落ちたわけではありません。
ハードディスクがクラッシュしました。

そして、その対応に3日間がんじがらめです。

ブログの更新が遅れているのはそれが理由です。

世の中便利になってきてきますが、システムがダウンするといつもパソコンに依存している自分に気付きます。
5年後には、もっと簡単に修復できる世の中になっていると信じています。

ちなみに、ボクのメールは明日復旧予定です。
お詫びを兼ねて申し上げます。月曜日から木曜日までメールが受信できていません。
もし、僕宛にメールをくださった方は、明日以降なら見ることが出来ますので再度送って頂けると助かります。

便利な世の中になったのですが、歯車が狂うととんでもなく不便になりますね。
[PR]
by hanajiro_head | 2006-07-26 23:25 | 日記
ガチャガチャ心理学
最近よくガチャガチャをします。
僕が子供の頃は、今は無き20円ガチャガチャが主流で、当時大流行した「キンケシ(キン肉マン消しゴム)」に夢を託してガチャガチャと回していました。

時代は流れ20年ほどガチャガチャから離れていましたが、息子ができ息子の喜ぶ顔見たさにガチャガチャをするようになりました。
なんと今の主流は1回200円もします。なんと当時の10倍です。今の子供は自分のお小遣いで出来ないんじゃないのか?と考えさせられます。

しかし、200円するだけのことはあって、その中身の豊富さに対象は子供だけじゃなくあきらかに大人向けの商品も少なくありません。
例えば、ガンダムのフィギアこれが良くできています。あとミニカーやチョロQ的なものまであります。

ガチャガチャが成長してきた原動力は、
・何が出てくるか分からない。
・1回出すと、全部の種類が欲しくなる。
・目玉商品がなかなか出てこない。(キンケシなら主人公のキン肉マン)

その昔、ビックリマンチョコレートやプロ野球チップスもこの手法だと思います。

ガチャガチャの中で今までに一番投資したのが、機関車トーマスのゼンマイで動くシリーズです。これはとても巧妙に出来ており、ゼンマイ機関車がいわゆる当たりで外れは貨物や車両の部分です。ちなみに外れには5センチほどのレールが3本入っています。
なかにはレールセットとして7本ほどのレールばかりの物もあります。

テーブルの上を走らせるより、レールの上を走らせたいがレールが極端に足りないのです。車両やゼンマイ車の割合に対して圧倒的に少ないレール。
そんな顧客心理をついて来たのが、通販専用レールセットの販売です。レールだけで2000円もします。

かなり悩んで購入しました。2000円するだけの事はあり、鉄橋はあるわ、線路分岐機はあるわレールも全部で50本ぐらいあったと思います。これには息子も大喜びでした。
これがガチャガチャでなく店頭でトーマスセットとして5000円だったら多分買わないと思うけど入口が200円なのでズルズルとはまってしまいました。

この心理を商売に取り込みたいです。でも花ではなかなか難しいです・・・。
f0006429_2357763.jpg

[PR]
by hanajiro_head | 2006-07-18 19:39 | 日記
高校時代の友達
今日高校時代の友達から花束の注文があり、配達に行きました。

一昨年同じ高校時代の友人の結婚式に、久しぶりに会った友人です。
花屋をしていて良かったなぁと思う一瞬です。
花を使ってくれるほとんどが、誕生日や記念日などめでたい時に使ってくれるからです。

人の気持ちを花で表現する仕事に誇りを持ちたいです。
f0006429_13332.jpg

[PR]
by hanajiro_head | 2006-07-18 01:03 | 日記
我が輩がまるこです。
f0006429_18131732.jpg

どうも。我が輩はまるこです。

改めて、自己紹介するのはご主人のメールマガジンで紹介されるからです。
もし興味がある方は登録して上げてね。http://www.hanaya87.com/shop/

まるこは、人間年齢では20歳のキャピキャピギャルでーす。

暑い夏は苦手なんだよ~。
でも、暑い夏のクーラーは気持ちいいんだなぁ~。
[PR]
by hanajiro_head | 2006-07-16 18:18 | まるこの日記
コマーシャルです。「花素材」販売開始!
f0006429_0403559.jpg

いつもご覧頂きありがとうございます。
「花屋論」で使用している写真の花も、ネット上で購入できるようになりました。
http://hanasozai.exblog.jp/
もともとは、花の品種紹介をするページとして作ったのですが、進めていくうちに生花も販売できるようになりました。カード決済可能です。

「検索ボックス」を利用すれば目的のお花が見つかると思います。

最終形としては、市場に出回る切り花を全て登録することです。
毎週40枚ほど更新していきます。おたのしみに!(現在300品種)
[PR]
by hanajiro_head | 2006-07-14 00:47 | 日記
ポッポヤ(鉄道員)見ました
f0006429_0492069.jpg

コンニチハC3-TOTです、今回見た映画は、「ポッポヤ」デス。
このシネマは、2年ほど前に一度見まシタ。
その時も感動したのですが、今回は小説を読んでから映画を見まシタ。

シネマ→小説→シネマパターンです。

最近リードしたポッポヤ小説は、短編で50ページ程の内容でシタ。
小説を読んでいくうちにもう一度、シネマ版を見たくなりマシタ。
ちなみに浅田次郎先生の短編集「鉄道員」は、外れ無しの優良本デス。

前回見たときもかなり、目からオイルがだらだらと流れ出したのデスガ、今回は更に溢れ出てきまシタ。

日本の文化はよく分かりませんが、主演の高倉健サンの演技は超一流でその演技を見ているだけで満足デス。あの「なあんも」は名ゼリフです。

ご主人の感想は「この頃の広末が一番良かった」と鼻の下を伸ばしていまシタ。
まるこさんは「犬やけど、寒いのは苦手だな~」といつもの様子デシタ。

C3的には、小説→シネマ派です。cpuでイメージした映像とのギャップが楽しみデス。

今回の「ポッポヤ」は日本映画史に残る大作として「5スターウォォォォォーズ」desu。TOT
[PR]
by hanajiro_head | 2006-07-12 00:47 | C3-TOTの映画感想文
花屋論19 あなたの町の花屋さんの仕組み
f0006429_23501226.jpg

花次郎は、都市型の花屋として運営しております。
都市型と町型では、その運営方法は全く違う方法です。

花次郎の梅田店はオフィス街向けの花屋で、三宮店は繁華街型花屋です。
どちらにも共通して言えるのが、店の前を通る人達のほとんどが一見(いちげん)さんです。

町型の花屋さんは、地元密着型なので店の前を通る人達のほとんどが常連さんです。
常連さん向けの商売方法はと言えば、接客型になります。お客様の趣味を把握して、フレンドリーな接客を心がけないといけません。

そして、町の花屋さんでもアレンジメントや花束を主に販売する「フラワーショップ」と、仏様に飾るお花をメインに取り扱っている「花屋」があります。
今日は、その仏花をメインに取り扱う花屋の運営方法を説明します。

仏花が強い花屋さんは、安定した売上げをキープできます。なぜならギフトとは違い定期的に花を入れ替えるからです。そして神棚に飾る「榊」や水回り神様「三宝荒神」が付着して売れるので客単価としても仏花一つにとどまらず、大体800円~1000円になります。

あと、年に4回の「正月」「春の彼岸」「お盆」「秋の彼岸」に飾る墓参り用のお花などが安定的な売上げを確保する要因になっています。

試算してみます。
1日100個仏花が出るとします。2週間に1度入れ替えするとして、一月に3000個販売することになります。仏花を購入する見込み客はおよそ1500人になります。
その中で「榊」や「三宝荒神」を購入するお客様が500人いるとします。
仏花の相場は地域によって変化しますが、ここでは400円とします。
平均単価1000円とすると3000人×1000円=300万円になります。単純に1日10万円です。仏花などの年商は3600万円になります。

そして、年4回の墓参り用花の売上げは、3000人中1000人が墓参りに行くとして
1000人×1500円=150万 年4回あるので150万×4=600万円

そのた、自宅用の花が1日3万円売り上げたとすれば、1万×350日=350万円
合計すると、4550万円になります。

人件費、家賃、その他諸経費をひいたとしても10%は残ります。
年間の利益としては450万ぐらいになります。

地味そうに見えますが、こういった昔ながらの花屋さんは、しっかりと儲けているところが少なくありません。

仕入れについても、毎日固定のお客様に提供出来ますので、ロスの無い仕入れが可能になります。と言うことは、比較的安い価格で売ることが出来る。
そうすることで、地域一番店を築いていけるのだと思います。

しかし、ここからが面白いところで、地域一番店が続くと、慢心が出てきて相場が安いときでも安く売ることをせずに、いつも通りの売価で売るようになります。
ライバル店が常に向上心をもって、仕入れに対して適正な価格設定をし、鮮度の高い商品を売り出すと、口コミによりライバル店が力をつけてきます。
そのせめぎ合いがその地域での適正価格になっていきます。もちろん2店とも儲かっていれば3店目、4店目と近所に花屋ができその利益を分配し始めます。

花業界の恐ろしいところは、「商品に対しての仕入れルートが同じ」だと言うことです。
いくらセリで安く仕入れても、ライバル花屋もほぼ同じ価格で仕入れている為、価格競争が始まると、利益が犠牲になる尻すぼみの状態になってしまいます。

強い花屋とは慢心することなく、鮮度の良い花を適正価格にて販売し続ける事だと思います。
[PR]
by hanajiro_head | 2006-07-08 00:21 | 花屋論
暑いなぁ~
f0006429_233810100.jpg

まるこは、夏が苦手なんだなぁ~。

大好きな散歩も、夜か朝だけなのだ

昔、暑く焼けこげたアスファルトの上を歩いて、肉球が真っ黒になってしまったの
はじめは、可愛いピンク色の肉球が・・・

あらっても、あらっても、黒いままの肉球なのさ
[PR]
by hanajiro_head | 2006-07-07 23:48 | まるこの日記


目指せ花人!青年社長の花次郎日記
by hanajiro_head
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
オフィシャルトップ | フィロソフィー | 会社概要 | 事業内容 | リクルート | 代表者ブログ | サイトマップ
FlowerShop 花次郎 | ブライダル | HANAMUSUBI | GEKKA | YEBISU 胡蝶蘭