ASP
株式会社 花次郎 トップページへ <a href=目指せ花人!青年社長の花次郎日記 hanamaster.exblog.jp " height="110" width="550" border="0" /> サイトマップ
フィロソフィー 会社概要 事業内容 リクルート 代表者ブログ
<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
もう夏も終わりだなぁ~
f0006429_017947.jpg

ふ~

暑い夏ももうすぐ終わりだなぁ~。
夏は夜しか散歩にいけないねん

昼に散歩すると、熱さで命を落とすって獣医さんいわれてん。
わたしってこう見えてデリケートなのねん
鼻の長さが短いのが理由やって・・・

そういえば、夏は花の寿命も短いって言うしね~

花も鼻も夏は短いとつらいわぁって
[PR]
by hanajiro_head | 2006-08-31 00:16 | まるこの日記
まるこウィンク!
f0006429_0115285.jpg

おひさしぶり~。
まるこですよ

おぼえてる~、最近ビーチでくつろいでたんねん。
可愛いでしょっ

パチッ!
f0006429_012137.jpg


わたしの得意な泳ぎは、犬かきなのさッ
50メートルは泳げるとおもっているのさッ

人間界では、お盆が過ぎるとクラゲが出っるって海にいけへんねんな
クラゲって、糸こんにゃくみたいやなぁ

まるこは、肉じゃがの糸こんにゃくが大好きなのさッ
f0006429_0175212.jpg


どない?・・・・ん。
[PR]
by hanajiro_head | 2006-08-28 00:09 | まるこの日記
高校野球の決勝戦をみて
駒大苫小牧対早稲田実業の1日目を甲子園に見に行きました。

超満員の観客で、甲子園に着いた頃には内外野共に野球観戦不可能という放送が流れていました。
関西に住んでいる方ならご存じだと思いますが、外野席は無料開放なので何とかなると信じ入場口に向かいました。

初めて分かったのですが、満員になるとライトスタンドから入場し、そのままレフトスタンドへ退場する通り抜けになるのです。阪神戦を何度か観戦経験があったので通り抜けをするルートからトイレに行くと係員に説明して、二回のスタンドへ行く通路へ向かいました。

同じような観客が多くライトスタンドは、観戦する隙間が全くなくレフトスタンドへ向かいました。
おかげさまで試合開始の15分前に何とか通路に座ることが出来無事観戦できました。

観客動員するが5万人と発表されていましたが、多分6万人はいたとおもいます。通常の阪神戦が満員で5万人もちろんチケットで管理されているのでその発表に間違いは無いとするば、無料開放されている外野は、入場し放題で通路という通路にびっしりと埋まっていました。

大変だったのが、水分補給などです。幸い予めペットボトルにお茶などを3本入れていたので、助かりましたが、ビールやジュース、高校野球名物のかち割りを販売する売り子さんが通れない状態だったのです。

そんな苦労話はさておき、今回の高校野球をみて思ったことは、青春の全てをかけ朝から晩まで練習をし、炎天下の中がんばり続けるモチベーションについてです。
苦しい練習を無償でやり抜く原動力はどこから来るのか?優勝しても一銭お金が入るわけでもないのに。

「甲子園に出場する」「日本一に輝く」という「栄光」の為に、一生懸命になれる姿に感動を覚えました。

社会に出ると、「家族のため」「生活のため」「悠々自適な人生を過ごすため」「ブランド物が欲しいため」など個人の欲望が原動力になるのは当たり前だとおもいます。

花次郎をすることでネット販売でもブーケ販売数でも何でもいいから「日本一お客様に利用していただける花屋という栄光」を手に入れたいと思う今日この頃です。

それにしても、いい試合だったなぁ。最後の斉藤君が投げた147キロには球場が沸き上がりました。
[PR]
by hanajiro_head | 2006-08-24 12:57 | 日記
マーケティングリサーチ
ある場所に切り花のショップを出店する可能性があり、その場所の近辺にてアンケートを行いました。
いくつかの質問に答えていただき、出店した場合の運営戦略に役立てるのが目的です。

僕自身に土地勘がなく、いったい何が売れるのか全く予想がつきませんでした。
「自宅用切り花」「ディスプレイ用切り花」「贈答用花ギフト」「仏花関係」「鉢花」「観葉植物」「お見舞い用花」などなど、地域によって用途の偏りがあります。

もちろん売れ筋によって店舗の運営方法は違ってきます。例えば花次郎梅田店のように、「自宅用切り花」や北新地が近いので「ディスプレイ用の切り花」がよく売れる場合は、入りやすく買いやすい雰囲気を作るかがポイントになります。

今回アンケートを行ったのは、出店する場所の近辺に歩いている方と近辺の店舗スタッフです。アンケートのいいところは、直接のその方の意見やその地域性なども聞き取れるところが良かったです。

出店が正式に決定すれば、この場で発表いたします。
宜しくお願いします。
[PR]
by hanajiro_head | 2006-08-18 09:21 | 日記
大切なこと
4年ほど前から大切にしていることがあります。

小さいときは、夏の最も暑い時期にお墓にいくことが苦痛でした。
特に何をするわけでもなく、墓石を洗って、掃除をして花を飾って、線香ををあげる。
ご先祖さまに手を合わせることの大切さなんて、意味がわかりませんでした。

僕の家系を説明すると、父の両親は父が幼いときに亡くなっており、母の両親も10年前まで健在でした。
僕が22歳のときにおじいちゃんが始めて身内で亡くなり、そこから少しずつ墓参りの習慣がついてきました。
4年前花屋を経営し、初めて危機に陥りました。資金的な危機と人的な危機です。
苦難にぶつかったとき、家族や先祖の大切さを身にしみてわかりました。
今の自分があるのは、ご先祖様が家系を守ってくれたおかげだと。

10年前に亡くなったおじいちゃんは、電気屋を60年程前に立ち上げ、時代の先端にあった商売を続けてきました。今はおじさん達がその暖簾を守っています。花次郎は、そのおじさんの店の一角を借りてはじめました。
オープンした当初おじいちゃんは、よく店に顔を出してくれました。
小学校に通っているときには、実家から近かったのでよく小遣いをもらいに行きました。いつ行っても小さな小銭入れから100円玉を取り出してくれました。

そんなおじいちゃんが亡くなった時、おばあちゃんはが言った言葉が心に残っています。
「あの人は、人の悪口を言ったことがない。尊敬できるひとやわ」
でした。

今年の6月には父の故郷鹿児島に嫁と息子を連れて墓参りに行っきました。
昨日は、おばあちゃんと母と嫁と息子を連れておじいちゃんのお墓に行きました。

とても暑かったです。
[PR]
by hanajiro_head | 2006-08-14 15:34 | 日記
花屋論21 花屋の忙しい時期 お盆編
花屋は人間らしい商売だなぁとおもいます。
なぜなら、心を形に変える商品ばかりだからです。

花そのものには、「観照する」という価値しかないけど、その観照していただく為の商品としてのポテンシャルは高いものを持っています。

心を形に変える商品としては、その用途としてお見舞い、お祝い、誕生日、送別、出産などがあり、この夏の暑い時期によく売れる、「仏花」「墓花」もそのひとつです。
「仏花」「墓花」は形式的に必要だから購入する方もいると思いますが、本来は先祖に対しての感謝の心を形に変えた商品です。

お盆にお供えする「仏花」「墓花」の中に入れる花があります。ご存知の「蓮(ハス)」です。なぜ蓮の花や蓮の実を入れるのかは、8月15日の灯篭流しの際ご先祖様が蓮の花にのって帰る為と伝わっています。

花の中でも「蓮」は高級品で、1年でこの時期にしか出回りません。季節はずれの台風や、異常気象などで、不作の年は1本原価で500円を越す場合があります。
店頭に並ぶ仏花の相場は毎年、1200円程ですが蓮が高騰する年は1つ1800円する場合もあります。普段は仏壇に1つ飾る場合でも、盆とお正月は2つ飾る家庭もあり、仏花だけで3500円程になります。そしてお墓参りにいくときに必要な「墓花」は通常一対2000円ほどですが、高騰すると一対3000円ほどになります。すべて揃えると一人当たり5000円ほどの売り上げになります。

最近お盆の花屋さんを覗くと、「蓮入り仏花1200円」「蓮台入り仏花1000円」「蓮なし仏花700円」など選べるようになっています。以前は、お盆に蓮なしの仏花を売るなどもってのほかでしたが、この現象は、先ほど書いたように蓮花が高騰したときにスーパーの花コーナーなどから始まりました。蓮を入れる意味など知らない方々は、その違いもわからず安いほうの「蓮なし仏花」を購入しそれが、近隣の花屋の売り上げに影響を与えるようになり、一般のフラワーショップにまで広まりました。

しかし、それではご先祖様があの世に帰れません。

売り上げを求めるのは必要ですが、花屋としてなぜ「蓮」を入れるのかを知った上で商売をしなければ、その意味を知っているお客様まで離れてしまうことになります。

そんな花次郎では、仏花関係の販売は現在しておりませんが、立地的に仏花が必要な場合はしっかりと伝えていきたいです。
[PR]
by hanajiro_head | 2006-08-14 14:04 | 花屋論
職業見学
私の母校である港高校から、卒業生の職場見学を依頼され生徒が会社にこられました。
卒業して13年が経過した時の長さを実感しました。

インタビュー形式の質問を30分ほど済ませて、現場見学をしてもらいました。
子供のころになりたい職業として「花屋さん」は人気でしたが、実際就職を控えている高校生は花屋さんになりたい希望者が少ないようでした。

アルバイトや社員の面接をする機会が多く、その度に「なぜ花屋さんで働きたいのですが?」
と聞きます。
その答えは
・会社で花を送る機会が何度かあり、見ていると楽しそうだから
・友人にプレゼントしたら喜んでもらえたので
・アレンジメント教室に通っていたら、花を扱う仕事につきたくなった
など、小さいときからの憧れという方にほとんど会いません。

高校時代日々クラブやバイトに明け暮れたあのときに、なりたい職業と聞かれれば僕は「トラックの運転手」か「テニスのコーチ」って答えていました。なぜなら、そのときしていたアルバイトが「ピザの宅配」だったからです。
身近にしていたことを職業に結びつける事しか思いつかなかったので、今母校で行っている先輩たちの職場見学は、いろんな見聞を広めるためにも有意義なことだと思いました。
[PR]
by hanajiro_head | 2006-08-09 14:04 | 日記
駐車禁止に注意やで~
f0006429_0414575.jpg

こないだ散歩してたら、原付に駐車禁止シールが貼ってたよ~
みなさん、気をつけよぅね~
[PR]
by hanajiro_head | 2006-08-03 00:48 | まるこの日記
夏祭りin鴉宮(カラスノミヤ)
8月1日は本社の横にある鴉宮神社の夏祭りでした。
本社は母親実家の前にあり、幼いときから夏祭りの獅子舞や布団太鼓を楽しみにしていました。
普段はひっそりとした、本社周辺も夏祭りの時だけは、満員電車なみの人口密度になります。私も、お祭りが近づいてくるとウズウズしてきます。

一番の見所は、布団太鼓の宮入です。地元の若者達が力の限りを尽くして担ぎます。
その迫力はいくら文章で書いても伝わらないと思いますので、是非一度見物に来てほしいです。参考資料はこちら
f0006429_0355461.jpg

[PR]
by hanajiro_head | 2006-08-03 00:36 | 日記


目指せ花人!青年社長の花次郎日記
by hanajiro_head
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
オフィシャルトップ | フィロソフィー | 会社概要 | 事業内容 | リクルート | 代表者ブログ | サイトマップ
FlowerShop 花次郎 | ブライダル | HANAMUSUBI | GEKKA | YEBISU 胡蝶蘭