ASP
株式会社 花次郎 トップページへ <a href=目指せ花人!青年社長の花次郎日記 hanamaster.exblog.jp " height="110" width="550" border="0" /> サイトマップ
フィロソフィー 会社概要 事業内容 リクルート 代表者ブログ
<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
花屋論31「花教室 花屋の花教室」
f0006429_1530091.jpg

花屋さんが店内や公民館などに出張して花の事を教える教室があります。
受講するコースは先生(店主)のスキルによって色々な種類があります。

・旬の花を使ったお花遊びコース
・基本デザインを学ぶベーシックコース
・ブライダルブーケやクリスマスリースが作れるようになるカテゴリーコース
・ドライフラワーコース
・生け花コース
・NFD資格取得コース

などがあります。
花の教室を開く為の資格が必要なのは、生け花コースとNFD資格取得コースです。
その他のコースをする場合は特に免許は必要ありません。
資格取得コース以外に共通してることは、作品の完成度の尺度が曖昧なところです。
先生のセンスが好きかどうかが、繁盛のポイントになります。

そもそも何故花屋さんが花教室をするか?ですが、
・花の技術を広め、花の良さを広め、儲けたい。
だとおもいます。

しかし、現実はなかなか儲かりません。
原因は、「継続」です。
初めの1年は花を触ることが新鮮なのですが、2年~3年すると、飽きてきます。
プロになる!師範になる!資格を取る!など目標も大体1年~3年です。

花屋さんの場合は商圏も原因にあると思います。地域密着の場合、続けて生徒を
確保するのがとても困難です。
あと、ベテランの生徒さんと新人生徒さんとのクラス分けにも問題が出てきます。

僕も教室運営を過去にしておりましたが、挫折しました。
継続していく事をイメージすると、なかなか今後も困難なビジネスだと思ってしまいます。

現在は専門で花教室運営をしている先生のサポートが出来る花屋になりたいです。
花教室の特徴をお客様に説明し、生徒さんを紹介したりできればうれしいです。
[PR]
by hanajiro_head | 2007-05-29 15:30 | 花屋論
花屋論30「花教室編 花教室の種類」
花を扱う教室は大きく分けて3つです。
まず、プロを育てるアカデミータイプの花教室、花屋さんが花の使い方や基本的なデザインを教える花教室、昔ながらの生け花教室です。

まずプロを育てるアカデミータイプの花教室は、専門学校があるぐらい基礎から応用まで学べます。学校によっては、花屋を運営するためのノウハウを教える学校もあります。
運営している母体の多くは、花が専門と言うよりプロを育てる専門学校の一部門が先生を呼んで運営しています。教育システムを運用しているのでしょう。

業界で有名なのは花業界最大手日比谷花壇が運営する花学校です。
アカデミータイプを運営するにあたり大切なのは、卒業生の出口です。
つまり、卒業後の働き先があるかどうかが、入校するさいの決め手になります。
日比谷さんが伸びた一番の要因は、全国展開している店舗に斡旋できるからだとおもいます。
運営側としては最高においしいパターンです。
斡旋されて来た生徒は、お金を払って基礎や応用を学んでくれているからです。
正直うらやましいです。
花次郎が真似をしたところで、店舗数が少ないので斡旋先で躓きます。

僕の個人的な意見ですが、花の事を学ぶなら現場が一番です。
花の職種にもよりますが、花の授業料を払うならその金額分を働きたい会社や花屋に
「タダでもいいから勉強させてください」といえば100%採用してくれます。
ちょっと極端な例でしたが、働きながらお金をもらえるので、現場で学ぶことが一番だと思います。
そして、現場で学びながら足りていないスキルを選んで花教室に行くことが良いと思います。
f0006429_16433964.jpg

[PR]
by hanajiro_head | 2007-05-17 16:43
ブログ再開宣言!
みなさまご無沙汰しております。
母の日というイベントが過ぎようやく落ち着きを取り戻してきました。

こころに余裕ができ始めてきたので、ブログを再開していきたいと思います。
書き始めて1年と半年ほど経ちますが、いままでの感想としては、
一度止まるとなかなか復活するのに腰が重いということです。

続けていると、なんてことはないのですが、一度止まると書くことに困ります。
ダイエットのような感じです。
明日から始めようとするより、勢いで今日から始めることが再開のコツかなと思いました。

そのきっかけとなったのが、スタッフの一言でした。
「最近更新していないですねぇ」と言われ、書くきっかけになりました。

ダイエットも同じで、「あれっ太った?」と言われると、再開できます。
意識していることを言われると、何かしらスイッチが入ってしまいます。

今後の予定としては、花屋論「花教室編全3回」を書きたいと思います。
あと、このブログを読んでいただいている方にお願いがあります。

花屋さんに対しての素朴な疑問をはじめ、何かしら質問があれば僕なりの考えを
伝えていきたいとおもいます。
是非コメントに入れてください。
よろしくお願いします。
[PR]
by hanajiro_head | 2007-05-15 23:20 | 日記


目指せ花人!青年社長の花次郎日記
by hanajiro_head
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オフィシャルトップ | フィロソフィー | 会社概要 | 事業内容 | リクルート | 代表者ブログ | サイトマップ
FlowerShop 花次郎 | ブライダル | HANAMUSUBI | GEKKA | YEBISU 胡蝶蘭